背景の飾り 幹事様にも役立つ美味しい夜話

神戸元町の中華料理【チャイナ食堂九龍(クーロン)】中華料理には欠かせない名脇役!?実はすごい!パクチー

パクチーは主に中国料理などアジアや中近東、タイ料理、 南米で使用されています。クセのある独特の香りから好みが分かれますが、 最近はテレビなどのメディアにも取り上げられたり専門店ができたりとパクチーブームです。パクチーをこよなく愛する人を「パクチニスト」とも呼ぶらしいですね!

あれもこれも「パクチー」のこと!

パクチーの写真

中華料理店で「香菜」とメニューなどで見たことはありませんか?実は香菜=パクチーなのです。 「パクチー」はタイ名。中国名では「香菜(シャンサイ・シャンツァイ)」、英語名では「コリアンダー」、和名では正式には「コエンドロ」ですが、あの虫の匂いに似ていることから「カメムシソウ」とも呼ばれます。

境界線

パクチーの栄養と効果

美肌効果やアンチエイジング効果など実は栄養が豊富なのです!古代エジプトや古代ローマでは医療に使用されていたり、中世ヨーロッパでも薬草として使用されており薬としての歴史も長くあります。

デトックス効果
私達は、食品添加物やシャンプーなどの化粧品、排気ガスなど普段生活しているだけで有害物質を体のなかに貯めこんでいます。この影響で血行やリンパの流れが滞りを起こし、疲労感やだるさを感じたり、新陳代謝が悪くなりお肌や頭皮のトラブルにつながっていきます。パクチーには、そのような有害物質を体外へ排出してくれるデトックスする作用が有ることが認められています。
腸内環境を整える
デトックス作用により、毒素を体外へ排出しようと腸内運動が活発になって便秘の解消や血流をよくする効果があります。
アンチエイジング効果
パクチーに含まれるβカロチンには活性酸素を防ぐ強力な抗酸化作用があり、そのパワーは大豆の10倍とも言われアンチエイジング効果も期待できます。
健康維持
ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなどの美肌効果があるビタミン類が含まれている他、カルシウム、鉄分が含まれていて疲労回復、免疫力アップなど健康維持にもぴったりです。
境界線

家庭菜園でパクチーを育てよう!

パクチーはプランターなどで栽培できるため育てやすいとされています。

育て方は、日当たりが良く水はけのよい土壌で育てます。春か秋が種まきの時期です。水を好む植物なので、たっぷりと水を与えましょう。葉が育って長さが20cm程度になったら収穫できます。

「育て方のポイント」収穫時の注意は、ばっさり切ってしまうと次に出てくるまでに時間がかかるので使う分だけカットするのが長く楽しむコツです。

パクチー家庭菜園のイラスト

夏の終わりには花を咲かせ種を収穫できるようになります。種はコリアンダーシードと呼ばれ、スパイスとして使えます。葉と違いほのかに柑橘系の香りがあり甘味のある穏やかな香味です。カレーには欠かせないスパイスですが、他には肉料理やクッキー、ドレッシングなどにも使えます。また料理以外には、次の栽培用としても使えますよ。

境界線

なぜ中華料理でパクチーを使うのか

中華料理でパクチーは肉のくさみ取り、食欲増進のための香辛料、日本の和食における小口ネギや白髪ネギのように薬味として使われます。特に中国東北地方では羊肉のくさみ取りとして、四川では辛い料理をパクチーがより一層引き立たせてくれることから多様されています。

例えば、こんな料理に使われています

・水煮牛肉(四川風牛肉煮込み)
牛肉と野菜を唐辛子と山椒で煮た四川料理の激辛定番メニューです。山椒とパクチーの香りが食欲をそそります。
・餃子
ニラの代わりにパクチーを入れるなど、アレンジレシピも数多くあります。冷めても美味しいのが特徴です。
・中華粥
中国のお粥の薬味にパクチーは欠かせません。パクチーが苦手な方にも食べやすく、体にも優しいです。
・魯肉飯(ルーロー飯)
台湾の庶民料理の定番。トロトロの豚肉と椎茸を甘めに煮込んだものをご飯の上に!日本人も大好きな味です。
境界線
  • ランチメニュー
  • 「若鶏のパリパリ香り揚げ(焼鶏)」お持ち帰り始めました
  • 若鶏のパリパリ香り揚げ(焼鶏)の美味しさを徹底解剖
  • メディア掲載情報
  • 幹事様にもお役立ちなクーロンのお料理や雑学など、いろいろな情報をご紹介します。
  • チャイナ食堂九龍(クーロン)Facebookページ
  • 姉妹店のご案内