背景の飾り 幹事様にも役立つ美味しい夜話vol.1

神戸元町の中華料理【チャイナ食堂九龍(クーロン)】スーパー野菜「空芯菜」の秘密

空芯菜とはどんな野菜かを説明

空芯菜はヒルガオ科サツマイモ属のつる性多年草で、原産地は東南アジアなどの温帯地域に自生、または栽培されています。国内では沖縄や九州など暖かい地方中心に生産されていますが、全国的に安定した生産量はなく、まだまだ馴染みのない野菜です。中国、タイ、ベトナムで広く食べられている野菜で、葉はヌメリがあり、茎はシャキシャキとした歯ごたえが特徴です。葉や茎の部分を食し、炒めものとして食べることが多く、味はあっさりしていて淡白。柔らかく独特な匂いやくせが無く様々な料理と相性が良く、栄養価に大変優れています。

空芯菜はヒルガオ科サツマイモ属のつる性多年草で、原産地は東南アジアなどの温帯地域に自生、または栽培されています。葉はヌメリがあり、茎はシャキシャキとした歯ごたえが特徴です。葉や茎の部分を食し、炒めものとして食べることが多く、味はあっさりしていて淡白です。
境界線

茎が空洞になっていることから、「クウシンサイ」という名前がつきました。クウシンサイは日本で定着している呼び名ですが、中国名では「コンシンツァイ」と呼ばれます。また、アサガオのような花を咲かせることから「アサガオ菜」とも呼ばれています。その他、エンサイという別名もあります。

境界線

空芯菜の栄養価と効能について紹介

空芯菜の栄養価はほうれん草の約2~5倍程度多く含まれています。肩こり、頭痛、貧血予防、夏バテ予防、老化防止など生活習慣病に大きく役立っています。

栄養分はほうれん草とほぼ同じで、カルシウム・ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンE・βカロチン、鉄分、ポリフェノール・食物繊維・カリウム・葉酸などが含まれています。しかも、それぞれの栄養素はほうれん草の2〜5倍程度多く含まれており、驚く程栄養価の高い健康野菜です。豊富に含まれたβカロチンは抗発ガン作用や免疫賦活作用があることで知られ、その他、生活習慣病予防に大きく役立ちます。 また、ビタミンEは老化防止の役割があり、肩こりや頭痛にも効果があります。貧血予防や夏バテ予防にもおすすめの野菜です。

境界線

クーロンの空芯菜料理をご紹介

クーロンの空芯菜料理「空芯菜と塩漬け卵の炒め煮」

空芯菜は味のクセがほとんどない野菜。そこで当店では味付けをはっきりさせ、ビールや紹興酒などドリンクによくあうお料理に仕上げています。空芯菜と相性の良いニンニクを多めに使用して風味をきかし、中華ではお粥の薬味、調味料の代わりとしても使われる アヒルの卵(咸蛋) と一緒に炒めることで、塩味とまろやかさを程よく加えています。一緒におすすめするドリンクは、甘みとまろやかさがしっかり定着した”紹興酒 陳年 紹興貴酒「8年」”(紹興酒特集ページはこちら)。是非、合わせてお楽しみ下さい。
空芯菜は一般的にまだまだ馴染みのない野菜ですが、是非この美味しさにはまって下さい!

境界線
  • ランチメニュー
  • 「若鶏のパリパリ香り揚げ(焼鶏)」お持ち帰り始めました
  • 若鶏のパリパリ香り揚げ(焼鶏)の美味しさを徹底解剖
  • メディア掲載情報
  • 幹事様にもお役立ちなクーロンのお料理や雑学など、いろいろな情報をご紹介します。
  • チャイナ食堂九龍(クーロン)Facebookページ
  • 姉妹店のご案内