背景の飾り 幹事様にも役立つ美味しい夜話

神戸元町の中華料理【チャイナ食堂九龍(クーロン)】中華の定番のアレも!実は日本生まれの中華料理

中華料理店で当たり前の定番メニューの中には日本で生まれた料理があるのはご存知でしょうか?最近では本場中国でも「日本でしか味わえない中華料理」も注目されるようになり、逆輸入している料理もあります。

天津飯

天津飯の写真

日本で中華のご飯ものメニューとして丼物は代表格ですが、中国ではご飯とおかずは別々に食べることが基本です。家庭や屋台での簡単メニューとして、ご飯にとろみのかかった具材をかける日本でいう中華丼のような燴飯(ホイファン)などはありますが、中国に天津飯はありません!では、どこで生まれたのでしょうか?

東京「来々軒」説
明治の終わりに浅草で開業した歴史のある中華料理店「来々軒」で、戦後のある日「早く食べられるものを」という客の要望に応えて生まれた料理だとされています。カニ玉(芙蓉蟹肉・フーロンシュロウ)をご飯の上にのせ、酢豚のあんから考案した甘酸っぱい醤油あんをかけたものを「天津丼」として提供したそうです。
大阪「大正軒」説
大阪の「大正軒」で戦後の食糧難に中国天津の人たちの食習慣であった「蓋飯(ガイファン)」をヒントに作られました。天津で多く獲れていたワタリガニを使いカニ玉にし、上からあんをかけて「天津飯」として売り出したそうです。
ルーツが違えば味も違う!?
天津飯はルーツと同様に味も地方で大きく分かれています。現在では静岡県より東の関東圏では赤い色の少し酸味のある甘酢あんかけが多く、関西圏では薄茶色の醤油あんが一般的です。2つの説で共通しているのは「戦後に料理が生まれ、広まった」という点です。
境界線

エビチリ

RUFUFUエビチリの写真

本場のエビチリこと乾焼蝦仁(カンシャオシャーレン)は豆板醤をメインに使ったとても辛い料理で、当時の日本人の口には馴染みませんでした。四川料理の父と呼ばれる陳建民氏が辛さを抑える為にトマトケチャップや黄身を使い、現在のエビチリが出来ました。
ちなみに、エビマヨも日本生まれ。炎の料理人で知られる周富徳がロサンゼルスの中華料理店で食事をした際、海老をマヨネーズで味付けした料理が出てきましたが、美味しくなかったので改良して日本で出したところ広まりました。

境界線

天津飯

冷やし中華の写真

今では夏の風物詩となった冷やし中華。そもそも中国では冷たい麺料理は一般的ではありません。諸説ありますが、宮城県仙台市の中華料理店「龍亭」で販売した「涼拌麺(リャンバンメン)」が冷やし中華の前身という説が有力とされています。当時は、クーラーなど冷房設備のない時代。油っこくて熱いイメージの中華料理は夏季の売り上げが深刻なものでした。そこで、夏バテ防止に野菜をふんだんに使い食欲増進に酸味を加えた、暑い中でも食べれる冷たい麺料理の開発に取り組み考案されました。
さらに全国的へ普及を後押ししたのは、市販の冷やし中華の発売です。1960年、仙台の製麺会社「だい久製麺」が涼伴麺を家庭向けに「冷し中華」として販売。液体スープを付けて販売するというアイデアが消費者の心をつかみ、爆発的なヒットとなりました。

境界線

担担麺

本場四川の担担麺は汁なしで当時の日本人には痺れる辛さが不評だったようです。そこで、日本流にアレンジされて広まっていたラーメンをヒントに、芝麻醤(チーマージャン)というゴマのペーストを加えたまろやかなスープのある麺に改良しました。この担担麺の発案者はエビチリと同じく陳建民氏です。近年では四川料理の本場でも人気が出て、汁ありの担担麺が逆輸入されるようになりました。

担担麺
クーロン特製 担担麺
ピリッと心地よい醤(ジャン)の絡みと旨味、コク深い炒りごまペーストが麺と絡み合います。
境界線

料理だけではありません!中華の定番回転テーブル

回転テーブルの写真

東京目黒区の総合結婚式場「目黒雅叙園」が発祥地。創業者の細川氏は、宴会で提供される大皿料理を客がお互いに気を使いながら取り分ける姿を見て「座ったまま、各自で料理を取り分けできないものか」と考え、大工に相談し1931年に考案されました。
戦後になり、中国人が逆輸入の形で中国へ伝え、そして全世界に広まり、今では中華料理レストランの必須品になりました。回転テーブル自体はすでに18世紀のイギリスに存在していたそうですが、回転テーブルの良さを中華料理の故郷である中国に広めたのは細川氏の功績と言えます。

覚えておきたい!
回転テーブル(円卓)での食事のマナー
円卓では出入り口から一番遠いところが上座で、出入り口に一番近いところが下座です。上座から見て、左、右の順に座っていきます。
料理は、上座から順に時計回りで取り分けます。しかし、全員が取り終わるまでは、料理には手はつけないのがマナーです。
冷やし中華の呼び方に地域性があります
境界線
  • ランチメニュー
  • 「若鶏のパリパリ香り揚げ(焼鶏)」お持ち帰り始めました
  • 若鶏のパリパリ香り揚げ(焼鶏)の美味しさを徹底解剖
  • メディア掲載情報
  • 幹事様にもお役立ちなクーロンのお料理や雑学など、いろいろな情報をご紹介します。
  • チャイナ食堂九龍(クーロン)Facebookページ
  • 姉妹店のご案内