背景の飾り 幹事様にも役立つ美味しい夜話

神戸元町の中華料理【チャイナ食堂九龍(クーロン)】夏に辛い物を食べたくなる理由とは

夏本番!暑い季節と言えば・・・辛い料理!
よく考えてみると、日本だけではなくインドやタイなどの暑い地方の料理は辛い料理が多いです。
なぜ暑い季節は辛いものが食べたくなるのでしょうか。
その理由は、辛さの正体「カプサイシン」の効果にありました。

辛い物が食べたくなる理由(カプサイシンの効果)

唐辛子イメージ写真
発汗作用で体の表面温度が下がる
辛いものを食べると運動をしていないのに汗をかきます。これは辛味成分が中枢神経を刺激しアドレナリンなどのホルモンの分泌を促し、新陳代謝を活発にする効果があるからです。汗を出すことによって、身体の表面温度は一時的に下がるので、涼しさ感じることができます。
脳内麻痺が分泌される
脳は辛味を“痛み”だと認識し、緩和するためβエンドルフィンなどの幸福感をもたらす物質を分泌します。辛いものを食べると気分が高まるのは、それらのホルモンが原因であるとか。ジョギングを続けていると気分が良くなるランナーズハイという現象に近い状態だそうです。
食欲が増進される
「辛味」で舌や胃を刺激することによって食欲を増進させたり、胃腸の健康増進や生活習慣病予防、夏バテ予防にも良いとされています。
境界線

辛さを和らげたい

辛い物を食べていると、辛さを和らげるために水を飲みたくなります。しかし、水を飲むことは逆効果!カプサイシンは水に溶けないので、いくら水を飲んでも口の中の辛さは軽減しません。

「辛い物を食べたら牛乳を飲むといい」と言われていますが、これは乳製品に含まれるカゼインというタンパク質が辛さを感じる感覚を分散させる働きがあるためです。インドのカレー+ラッシーの組み合わせも納得ですね。また、牛乳の他に砂糖も有効です。少量の砂糖を入れた水や、料理の合間に飴などをなめて口を落ち着かせることもできます。

辛さを和らげるには牛乳や砂糖が効果的
境界線

夏にぴったりの料理あります!

麻婆豆腐 辛さレベル3

麻婆豆腐

中華料理の王道「麻婆豆腐」は、山椒の痺れる辛さと、唐辛子の辛さが味の決め手!お店で調合した自家製調味料と自家製辣油で仕上げる、ピリリとした刺激をお楽しみください。

ピータン豆腐 辛さレベル1

ピータン豆腐

少々クセがあるもののコクがあるピータンは豆腐との相性が抜群です。自家製の辣油と辣油を作る際に出る香味油のエキスが染み込んだ一味をかける ことで、ピリッとした辛さを効かせています。アクセントに刻みらっきょうの酸味と赤玉ねぎの食感をプラスしています。

名物よだれ鶏 辛さレベル2

名物よだれ鶏

「名物 よだれ鶏」は20種類以上の香辛料をブレンドした特製のたれと自家製辣油をたっぷりとかけた中華の冷菜です。黒酢ベースの醤油ダレにしっとり蒸した鶏肉がよく絡む自慢の料理です。

メニューブック拡大図

九龍のメニューブックには、お料理に辛さレベルを示す唐辛子マークを付けています。辛い料理が大好物な方も苦手な方も是非参考にして、スタミナをつけて暑い夏を乗り切りましょう!

境界線
  • ランチメニュー
  • 「若鶏のパリパリ香り揚げ(焼鶏)」お持ち帰り始めました
  • 若鶏のパリパリ香り揚げ(焼鶏)の美味しさを徹底解剖
  • メディア掲載情報
  • 幹事様にもお役立ちなクーロンのお料理や雑学など、いろいろな情報をご紹介します。
  • チャイナ食堂九龍(クーロン)Facebookページ
  • 姉妹店のご案内